活躍する卒業生たち

BUNKA OG & OB

PRODUCER

つぎの扉を開ける鍵をBUNKAで見つけよう。

いまのかたちのサツコレを立ち上げたのは平成17年のこと。当時はファッションに特化した大きなイベントは札幌にはなく、就職に関しても卒業後は東京に出てしまう人が多かったんです。それなら、若い力で札幌のファッション業界を盛り上げていこうという思いで仲間と3人で始めました。僕はプロデューサーですが、総合演出も担当していますし、タレントのブッキングや曲の選曲もします。他の都市だと、これらの仕事はすべて分業で行われること。北海道ではまだまだ分業できるほどファッションイベントが多くないという面もありますが、思い入れが大きい分、やりがいはどこのショーよりも感じられます。最初からプロデューサーを目指していたわけではありませんが、ショーに関わる会社に入って仕事が好きになり、がむしゃらに働いたからこそ、今があります。学校の2年間で自分の道は決められないかも知れませんが、まず夢中になれるものを見つけてください。技術をしっかりと磨き、人とのつながりを大事にしながらのめり込めば、きっと次の扉が見えてきますよ。


有限会社ズノーネットワークス 代表取締役社長

岩田圭悟さん

昭和63年度 卒業
(滝川高等学校出身)
昭和43年生まれ。新十津川町出身。昭和63年度に当校を卒業し東京で就職した後、帰札。ショー演出企業で腕を磨き平成11年に独立。現在は「SAPPORO COLLECTION」をはじめ、様々なファッションショーやイベントを仕掛ける総合プロデューサーとして活躍中。

DESIGNER

一着を作りあげる楽しさは、お客様の信頼と技術があってこそ。

モード系のオリジナル作品を中心に、オペラ、ヘアーショー、ダンサーなどの衣装もデザインから仕上げまですべてを手掛けています。個人のリピートのお客様も多く、時には何十万もする生地を預けられることも。そんな時は信頼して頂いているんだなと嬉しくなりますね。入学当初はミシンも踏めないくらいだったのですが、しっかりと基礎から学べましたし、高級素材も含め様々な素材を扱わせてくれたのが今の仕事にも生きています。


YUYA TERAMOTO

寺本裕也さん

平成8年度 卒業
(私立函館高等学校 旧函館北高等学校出身)
平成9年より縫製工場やオーダーサロンで経験を積みながら同時にオーダーを中心とした活動を始める。平成20年よりオーダーサロンとして独立。SAPPORO COLLECTION 2014、2015creative rom HKD参加。

寺本裕也さん
西股淳一さん
STYLIST

細部にまでこだわって理想のイメージをカタチにしていく面白さ。

メンズのファッション誌やカタログの撮影用スタイリングを主に行っています。服を選ぶだけでなく、その服の良さを最大限に引き出すために、着こなしやポージングもミリ単位でこだわっています。撮影場所などに意見を出すこともあります。思う存分参加できる撮影は楽しいですし、やりがいを感じます。BUNKAで学んだことが今のベースになっています。これからもその力を生かして楽しく仕事をしていきたいです。


スタイリスト

西股淳一さん

平成19年度 卒業
(石狩翔陽高等学校出身)
卒業後すぐに、日本を代表するスタイリスト二村毅のアシスタントとなる。3年後に独立。「ウオモ」や「メンズノンノ」などのメンズファッション誌を中心に活躍している。

SHOP STAFF

今も新発見の連続。ファッションの奥深さに魅了されています。

アパレルメーカー「アンビデックス」が展開するレディースブランドの直営店でショップスタッフとして、お客様に服や素材の特徴を説明したり、コーディネートのアドバイスをしています。お客様に喜んでいただけると、BUNKAで学んだ知識が生かされていると感じてうれしくなります。一方で、お客様から学ぶことや新たな発見をすることもよくあります。大好きなファッションにかかわれる毎日はすごく楽しいです。


PARICI KLASSISK 札幌パルコ店 ショップスタッフ

中山なつみさん

平成24年度 卒業
(札幌啓北商業高等学校出身)
平成25年アパレルメーカーの株式会社アンビデックスに入社、シャンブルドゥシャーム 三井アウトレットパーク札幌北広島店に勤務。翌年、オープニングスタッフとして現店舗へ。

中山なつみさん