ファッション業界の
主な職種

★ ファッションデザインコースから就ける職業

★ ファッション技術コースから就ける職業

★ ファッションビジネスコースから就ける職業

★ ファッション研究科から就ける職業

マーチャンダイザー

市場調査などをもとに、どんな商品が売れるかを考え、素材の選定、生産量の決定、販売戦略など、あらゆる企画・計画に携わる、ファッションビジネスのスペシャリストです。

ファッションプランナー

市場を調査し、販売計画を立て、生産量や価格を決める、企画中心の仕事です。

ファッションコーディネーター

最新のファッション情報を調査・分析し、自社ブランド商品の企画立案、季節ごとのコーディネート、店舗での顧客へのアドバイスなどを行います。

テキスタイルデザイナー

衣服、スカーフなどの素材となる生地の色や柄をデザインします。糸を選定し、染め方、織り方、表面加工方法などを指定し、工場へ発注します。自ら生地を織り上げる人もいます。

ファッションデザイナー

アパレルメーカーなどに所属し、自社ブランドのイメージやコンセプトに合った服をデザインします。また、営業・販売部門との打ち合わせ、素材選び、パタンナーへの指示も行います。

オートクチュールデザイナー

顧客の要望・身体に合う衣装(高級衣装)をオーダーメイドでデザインします。高いデザイン力はもちろん、既製服の製作とは異なる高度な縫製技術の知識も欠かせません。

パタンナー(CAD)

デザイナーが描いたスタイル画をもとに、洋服を制作するのに必要なパターン(型紙)を作成します。

グレーダー

パタンナーが作成した基本パターンをS・M・L、あるいは7号・9号11号といった各サイズに縮小拡大する仕事です。現在ではコンピュータ技術も求められます。

マーカー

生地にパターンを効率的にレイアウトしていく作業をマーキングといい、その作業を担うのがマーカーです。

縫製技術者

衣服の縫製工程を担当します。コレクションデザイナーの作品などは手作業が一般的なので、細かいパーツをていねいに仕上げられるテクニックを持つ人材が求められます。

生産管理スタッフ

アパレル業界で商品の生産を担当し、進行状況、布に色ムラや織りムラがないか、ボタンの付け方やステッチは指示通りに行われているかなどをチェックし、コントロールする仕事です。

商品管理スタッフ

納期や数量在庫などをチェックし、製造工場で作られた商品が店頭に並ぶまでの商品管理業務を担当します。

流通・宣伝系
セールスマネージャー

取引先との交渉や新規開拓をはじめ、商品の仕入や店舗への配分など、小売店に販売するための役割を担います。

セールスプロモーター

市場動向を把握しながら、自社製品をアピールするための販売戦略を立て、テレビや雑誌などの各種メディアを用いた宣伝活動を行います。

プレス

アパレル業界の広報担当者。自社製品を取り上げてもらえるようテレビ局に働きかけたり、スタイリストに商品を貸し出すなどして媒体露出を図ります。ファッションショーの運営管理も行います。

スタイリスト

テレビ番組やCM、雑誌記事などの撮影にあたって出演者の洋服や小物を準備し、セッティングする仕事です。

販売系
バイヤー

会社や店のニーズに合う商品を見つけ、交渉して商品を買い取る仕事です。

ファッションアドバイザー

店頭で衣服を販売する仕事。扱う商品をセンスよく着こなして店舗に立ち、購買意欲を高めると同時に顧客への商品説明、コーディネート方法の提案を行います。

ショップマネージャー

商品管理、売り場管理、売上管理、さらにはスタッフ教育にも携わり、店舗運営の全てを管理します。

リテールマーチャンダイザー

商品開発などを伴う商品調達の責任者で、販売予算または利益予算に関する数値責任も担います。

ディレクター

クリエイティブな視点と経営的な観点の両面から、商品企画、販売促進、演出方法などについて統括・指揮する専門化です。

スーパーバイザー

チェーン店を巡回して本部と店舗間の問題を見つけ、その解決にあたる職種。売れ筋を把握して仕入の際の商品セレクトを助言したりもします。

ディストリビューター

各店舗の売上げ規模や在庫状況に応じて納品書を配分したり、納期を決定するなど、配送の手配をするスタッフです。

デコレーター

ショーイングやデコレーションの技術をもったディスプレイ専門の技術者です。