ファッション業界の
主な職種

マーチャンダイザー(MD)
 

 商品計画や販売戦略に携わり市場動向などの情報取集・分析、商品の生産・調達などを担い、売上・利益計画の目標達成へと導きます。

クリエイティブディレクター
 

MDだけでなく、ショップの内装や販促などのイメージ戦略に至るまでブランドの全領域を統括し、指針を示すリーダーです。

デザイナー
 

ブランドコンセプトに基づいて企画を立て、生地から付属品までをデザイン。素材やパターン、製造工程など様々な知識が必要です。

パタンナー
 

デザインを服にするためのパターン=型紙を作る専門職。素材や付属品、人体構造などの理解、アパレルCADの知識・技術が求められます。

サンプルメーカー
 

商品化する前の見本を作り、服として着用に問題がないかをチェックし解決する仕事。どんな素材や付属品でも正確に縫えるスキルが必要です。

縫製技術
 

デザインとパターンに基づき生地や付属品を縫合。現在は海外縫製が主流ですが、日本の縫製技術は質の高い服作りに不可欠です。

生産管理
 

販売計画に沿って製造工程を調整し、品質が保証された商品として展開できるようにします。服づくりやコストに関する知識と調整力が求められます。

品質管理
 

商品が法律はもとより、アパレル企業や百貨店などが定める品質基準を満たすか確認し、タグに表示するための試験や調査を行います。

衣裳デザイナー
 

舞台や儀礼などで使う衣裳を専門に作るコスチュームデザイナー。バレエやダンス、演劇、映画などデザイナーには各分野の専門知識・技術が必要とされます。

 
 

その他 ・ニットデザイナー・CADグレーダー・テキスタイルデザイナー・グッズ制作職人・テーラー、カッター など

販売系
マーケティング・研究開発
 

市場の情報からニーズをつかみ、販売計画を立て実行。お客様が欲しい商品を、欲しい時に、欲しい場所で提供し、購買を促します。

営業
 

自社商品の市場を維持・開拓し、販売予算の達成を目指します。メーカーの場合は、展示会等でのバイヤーとの商談が主な業務です。

販売・ファッションアドバイザー
 

接客を通じて商品の魅力を正しく伝え、お客様の好みや要望に応える仕事。店頭のディスプレイや在庫管理など業務はたくさんあります。

バイヤー
 

主に小売業の仕入れ担当者を指します。国内外から商品を買い付け、売り場展開します。販売現場とのコミュニケーションが必須です。

VMD(ビジュアルマーチャンダイザー)
 

MDを視覚化し、コンセプトを魅力的に伝える仕事。ショップで目に映るもの全てに配慮し、MDに流れるストーリーを表現して、購買につなげます。

 
 

その他 ・WEB通販・ディストリビューターなど

流通・宣伝系
プレス
 

ブランドの顔として商品やブランドイメージをPR。雑誌やテレビなどの商品の情報提供・貸し出しといったマスコミ対応が主な仕事です。

スタイリスト
 

雑誌や広告、映画、ドラマなどで使われる服を選び、モデルやタレントなどにスタイリングしてビジュアルを演出します。

他 ・プロモーション・広報・ファッション雑誌エディター・ファッションショー演出家・モデル など